草花木果を成分からみた効果

角質除去を助ける「アミノTG」と「SB-P発酵素」

草花木果では自然界から多くの原料を得て、毛穴トラブルの原因のひとつである、古い角質の肥厚化を解決してくれます。そのための有効成分のひとつがアミノTGで、サトウ大根や綿実などに含まれる、天然の角質除去成分です。肌のターンオーバーを助けて、古い角質が剥がれ落ちやすくしてくれます。また、SB-P(スブチリシン・プロテアーゼ)発酵素は、味噌や納豆の発酵食品でたんぱく質の分解に酵素が作用するところから知恵を得た、独自の角質除去サポート成分。古い角質を分解して落としやすくしてくれます。

 

 

自然由来のスキンケア成分

草花木果では、肌を潤いのあるふっくらした状態にすることで、毛穴が目立たないように整えてくれます。たとえば、竹エキスは肌の潤いを与えて保湿力を高める効果がありますし、ボタンエキス、イチヤクソウエキス、アンズ果汁も潤いを与え、めぐりを改善します。アヤメ科の植物であるヒオウギから抽出したエキスは、女性ホルモンと同様の働きを体内でしてくれるイソフラボンを豊富に含み、肌をみずみずしく、そしてキメとハリのある状態に作るように働きかけます。こうした自然由来のスキンケア成分がお肌に負担をかけずに、スキンケア効果を発揮して毛穴の目立ちにくいスキンコンディションを作ります。

 

 

肌にやさしい作り

肌にとって良いものを提供したいという思いで草花木果は作られています。原料として使われる水は鹿児島県の関平温泉の温泉水を使用。肌に必要な天然のミネラルを豊富に含み、肌に潤いをもたらします。そして気になる添加物を極力排除して作られています。パラベンム配合、タール系色素無配合、鉱物油、合成香料も無配合です。自然の中から良いものを集めて作った草花木果だからこそ、毎日使っても肌にやさしいのです。